NEWS & TOPICS

2020.12.28

稲邑研究室では,特任研究員・特任技術専門員を募集しています.

VR/AR/MRを活用したロボットとのインタラクションシステム研究を新しく切り開いて
行きたいと思っている研究者の方(特任研究員),また,VR/AR/MR + ロボットの最先端
の技術開発に携わり,スキルアップをしたいエンジニアの方(特任技術専門員)の
双方を募集します.ロボットだけでなく,人間の心理・認知に関わる研究内容も含みます.

また,修士の学生さんのリサーチアシスタントとしての参画や,学部の学生さんの研究研修生としての受け入れ体勢もありますので,ご興味のある方はご相談下さい.

 

詳細情報はこちらのページにてご確認下さい.https://www.nii.ac.jp/about/recruit/2020/1228.html

2020.11.01

2020年10月30日~11月1日開催されたロボカップジャパン2020 @ホームシミュレーション Technical Challenge にて,Team NII が優勝しました!!

 

結果発表はこちらのページ

http://www.robocup.or.jp/japanopen2020b/results/results.html

2019.12.07

特任研究員の水地良明さんの論文がAdvanced Roboticsに採択されました。ロボカップ@ホームシミュレーションのHuman Navigationタスクにおける,ロボットの発話戦略の評価基準をどのように決めるべきかという話題です。今回のターゲットはロボット競技会ではありますが、人間とロボットのインタラクションに関わるタスク全般につながる考え方になっており、VRを用いた面白い提案がされています。

 

詳細な論文情報はこちらをご覧下さい。

https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/01691864.2019.1698462?fbclid=IwAR0SlNhofbYkI1mNLRzz9FPsJ3mMjFHVnjp_2z_51sRYJL6OQhvbxTeSqTw

2019.11.11

2019年11月8日に,International Conference on Intelligent Robot and Systems (IROS) 2019において,SIGVerseのチュートリアルを開催しました.

 

チュートリアルの内容は wiki からも参照できます.http://www.sigverse.org/wiki/en/index.php?Tutorial%20at%20IROS2019

利用したUSBメモリのコンテンツの利用をご希望の方は,個別にご相談下さい.

2018.03.28

SIGVerseを用いたWRSパートナーロボットチャレンジ(バーチャルスペース)の開催前イベントを2018年5月に実施します。<続きを読む>

2016.10.11

稲邑准教授が国際会議IROS2016でkeynote talkを行いました.<続きを読む>

2016.04.08

研究室メンバーを追加しました。

2016.03.24

Webサイトをオープンしました。